新宿駅徒歩7分|渋谷区代々木|平日夜9時・土日診療
rss

一般歯科

ただ削るだけの治療からの脱却

一般歯科昔ながらの歯科治療とは、痛い所を治し詰め物が壊れた所を治すといったような、局所的な治療が主流でした。
よって、痛みが無くなり詰め物が詰められ、支障なくものが食べられるようになると、患者様はとたんに歯科医院には通わなくなります。

そうすると、その後また別の所に痛みが起こり、詰め物が外れ、再び歯科医院を訪れるといった具合に、繰り返しの治療の連鎖に陥ります。

その連鎖から、むやみやたらに削られ、どんどん歯が無くなるというイメージにもつながります。さらに、削った所からまた虫歯が再発し、最終的にはあごの骨の部分まで炎症が広がり、結果、歯を抜くしか無いという事態に進んでいきます。削った歯は二度と再生しません。ご自身の組織を失うということなので、実は慎重に進めていく必要があるのです。

当院では、このような昔ながらの歯科治療から脱却し、できるだけ再治療の少ない根本的治療とその状態を維持する予防を主眼とし、歯科医療と向き合っています。

さらに、ただ削るだけの治療ではなく、できるだけ削る部分をなくし、出来るだけ虫歯の再発が少ない材料を使い、正しく予防することで、歯だけでなくあごの骨までも残すことのできる治療を推進しています。

一般歯科治療に不可欠な精度の高い診査・診断

精度の高い診査・診断当院では、上記の事をベースに一般歯科治療と向き合っております。
そこで最も重要なのが、精度の高い診査・診断です。

各種検査や口腔内診察で知り得た情報から、患者様のお口の中の全体像を分析し、よりよく導くための診査・診断を行います。
そのために必要なのがデジタルパノラマレントゲンやデジタルCT検査です。もちろん、CTを導入しているだけでは意味がありません。それらの結果を、適切に読影(よみとる)できる知識や技術も必要です。さらに、その診査をサポートする口腔内CCDカメラ、電気歯髄診断機も活用しております。

当院では、この診査・診断の質を高め、その場しのぎの治療ではない、根本解決できる一般歯科治療を行っています。

咬み合わせ認定医

咬み合わせ認定医院長は、咬み合わせ認定医を取得しています。

悪い咬み合わせは、口腔内に問題を引き起こすことがあります。
逆に、咬み合わせを改善するだけで、問題が解決することもあります。

当院では、咬み合わせ認定医である院長の知識と技術で、皆様のお口の中をトータルで考えた治療プランをご提示しています。
もちろん、治療プランを選択していただくのは患者様です。
通院期間や治療費、お体の負担などを考え、ご自身にとってより良い治療プランをお選び頂けますのでご安心ください。

丁寧な根管治療(歯の根の治療)

当院では、できるだけ歯を残すためにも、根管治療(歯の根の治療)をより丁寧に行っています。
歯は一度抜けたら再生しません。よって、虫歯や事故などで神経を取らざるをえなくなった歯については確実な根管治療が必要です。

また、根管治療(歯の根の治療)は、再治療が非常に多い歯科治療の一つです。根管治療をいい加減に済ませてしまうと、結果、抜歯をせざるを得ない状態まで悪化してしまいます。

治療前

右上12番左上12番の根管治療をやり直しました。

治療前

治療後

根の先の病巣が消え、骨の再生が見られます。

治療後